美容鍼灸・鍼灸治療のグラン治療院(東京・横浜)。2014年12月、東方健美がリニューアルオープンした鍼灸院です。コンセプトは“効果第一”で、肩こり・腰痛など慢性的なお身体のお悩みはもちろん、美容のお悩みにはお顔に100本以上の鍼を使用し、身体が本来持っている美と健康の力を最大限引き出します。

漢方薬と鍼灸治療

鍼灸治療と漢方薬、どちらが良いの?

日本におきましては、鍼灸院と漢方薬店が別々に存在することが一般的です。

そのため利用者さんからしますと、どちらか一方を選択しなければいけない状況となり、はたして自分の身体にはどちらが良いのだろう?と疑問に思われること思います。

鍼灸治療と漢方薬、どちらが良いのか?
実はその答えは簡単には出せないのです。

考え方はどちらも共通

鍼灸治療も漢方薬も東洋医学の理論を基にした治療法ですので、患者様のお身体を診て治療の方針を決めていく手順は共通しています。

多くの症状に対して、鍼灸での治療方法と漢方薬での治療方法が確立していまして、基本的な考え方は同じですので、ともに効果が出ます。

しかし、このような症状には鍼灸の方が適している、またこのような病気には漢方薬で治療した方が良い、というように、症状によっては向き不向きもあります。

中国の東洋医学の総合病院では、腰痛や関節痛などの外科的な症状であれば鍼灸をすすめられ、また内科的な症状であれば漢方薬を使った診療科がすすめられています。

作用機軸の違いによる向き不向き

鍼灸治療と漢方薬での治療では、効果の伝わり方・現れ方が異なります。
漢方薬の場合は、服用するとまずは臓腑で吸収されてその後に経絡を通して関連する部位に運ばれて効果が出てきます。
これに対して、鍼灸の場合は、身体の表面にあるツボを刺激することにより、経絡に直接作用を与えていきます。
このことこから、漢方薬は臓腑の失調に起因する内科的な症状に向き、鍼灸は運動系の筋肉に起因する外科的な症状に向いているといえるのです。

また、鍼灸治療と漢方薬では、効果が現れるまでの時間が異なってきます。
漢方薬では効果が出てくるまでに、少なくとも臓腑で吸収されるまでの時間が必要となります。
一方、鍼灸治療では施術の直後から効果が現れてきますので、急性の症状に向いているといえます。

鍼灸治療と漢方薬の相乗効果

実際の治療の場におきましては、前述のような形で、きっちりと使い分けがされていることはあまりありませんし、一部の症状を除きますと、使い分ける必要はありません。
それよりも、一つの症状を、作用機軸が異なる鍼灸治療と漢方薬の両方で治療をしていくことで相乗効果を上げていくことのメリットの方がとても大きいのです。

ご予約・お問合せはこちらまで。お気軽にどうぞ。(グラン治療院東京) TEL 03-6459-2725 受付時間 10:00 - 21:00(定休日:無し)

PAGETOP