美容鍼灸・鍼灸治療のグラン治療院。東京・表参道、銀座、横浜、馬車道の4店舗にて提供。「効果第一」で、エビデンスに基づき効果を最大化できる方法を追求しています。お顔には約100本の鍼を使用し、お身体の治療も同時に行う事で美のお悩みを根本から解消していきます。

美容鍼灸・鍼灸治療の好転反応とは

  • HOME »
  • 美容鍼灸・鍼灸治療の好転反応とは

好転反応とは

鍼灸の施術を受けた後、身体が回復へ向かう際に「好転反応」と呼ばれる症状が一時的に出る事があります。

施術を行うと全身の血流がよくなり、新陳代謝が高まっていきます。
こうした変化に身体がついて行かず、さまざまな不快症状となってあらわれるのが好転反応です。

「副作用」と「好転反応」の違いは?

「副作用」とは本来の目的以外の好ましくない反応を指します。
鍼灸の副作用の例として脳貧血があります。一時的に血圧や心拍数が下がり、脳に行く血液循環量を確保できないために、めまいや吐き気などの症状が起こることです。

好転反応の代表的な症状

  • かゆみ
  • 発熱、発汗
  • 眠気、倦怠感
  • 頻尿、排便増量
  • 生理出血の増量
  • 吹き出物、ニキビ
  • 症状増悪、痛みの移動

症状の種類や程度は、上記以外にも人によって様々です。
また、期間も施術後だいたい2~3日と言われますが、状態や体質によって軽く治まる場合や長引く場合もあります。

鍼灸を受けた全ての方に好転反応が現れるわけではありません。
もし現れたとしても、「鍼灸治療が自分に合わない」と思い込まず、身体が正常に向かうために必要な過程だと解釈して、鍼灸を受けられることをおすすめします。

好転反応の具体例

例1)鍼灸治療を初めて受けられる方

鍼灸が初めての方は、新しい刺激として身体に伝わるので好転反応が出やすい傾向にあります。また、初めての場所で新しいものを受ける時は少なからず
心身ともに緊張していると思います。

当院ではお客様に出来るだけ、安心しリラックスして頂ける環境作りと
コミュニケーションを大切にし、施術を行わせて頂いております。
疑問なことがありましたら、スタッフにお伝えください。

例2)吹き出物ができて気になる方

施術後、1~3日後に吹き出物が増えることがあります。
これは、身体の中に溜まっていた老廃物が体表面に排出されることで現れます。

一時的に悪化したようにも見えますが、デトックス後、身体の状態が整うことで吹き出物ができにくい状態へと変化していきます。吹き出物が現れると、
落ち着くまで1~2週間程度かかることがあります。

例3)湿疹や蕁麻疹で悩まれている方

治療をした夜や翌日にかけて、熱が出ることがあります。
湿疹や蕁麻疹の中には、日々のストレスや食べすぎ、飲みすぎ等により、体内に滞った不要な「水」と「熱」が、身体のめぐりを悪くさせたことで不調をきたしているものがあります。施術によって、体内にこもっていた
余分な熱が放出され、一時的に熱が出ることがありますが、熱が放出された後、症状も落ち着きやすくなります。

施術を受ける際の注意点

施術前

①体調がすぐれない時は、一度ご相談下さい。
②施術の1時間前までに食事は済ませておきましょう。
③できるだけ睡眠を取ってからお越しください。

施術後

①施術後は全身の巡りがよくなっている状態です。
アルコールは普段より回りやすく、お風呂ものぼせやすくなっていますので、お気を付けください。
②激しい運動は極力避け、ゆっくりお休みください。

好転反応が現れた時の過ごし方

  • 水分をしっかり取り、ゆっくり過ごしましょう。
  • 症状は人それぞれ違うため不安な場合は、ご相談下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP