東京・表参道・銀座・横浜の鍼灸院

お顔のくすみを解消したい

  • HOME »
  • お顔のくすみを解消したい

グラン治療院にご来院下さいますお客様に多い美容のご希望、『お顔のくすみを解消したい』。
一般的にお肌の明るさや透明感が失われ、暗くくすんで見える状態のことを言います。

お顔にがくすんでしまう原因には、お肌のターンオーバーの低下や乾燥、血行不良など様々な原因が考えられます。

ここでは、くすみの原因とくすみ改善へのグラン治療院でのアプローチ法をご説明致します。

お顔のくすみの原因は?

(1)ターンオーバーの低下

ターンオーバーの低下により、古くなった角質が皮膚から剥がれ落ちず、皮膚表面上に溜まります(角質肥厚)。角質細胞そのものがわずかに黒みをおびているため、角質が厚くなることで暗くくすんで見えてしまいます。

(2)乾燥

水分や油分のバランスが整った肌は透明感があります。
しかし、肌が乾燥して水分が失われていくと肌のバリア機能が低下してしまい、弱った肌を守ろうと角質が厚くなります。その結果、お肌が黒ずんで見えます。

(3)血行不良

血行が悪くなることで、肌がくすんで見えてしまうことがあります。
これはストレスや運動不足、冷えや睡眠不足などが原因で血流が滞ってしまい、栄養に富んだ新鮮な血液が流れ込まないことで血色が悪くなり、肌が曇ったように見えます。

(4)日焼けによるメラニンの色素沈着

紫外線に当たることで、肌の内部でメラニン色素が作られてしまい、メラニンがうまく排出されずに肌に蓄積すると黒っぽく見えてしまいます。

(5)糖化やカルボニル化による黄くすみ(黄色くくすむ)

糖分の高い食べ物を食べると、血糖値が高まり、体内の糖質がタンパク質と結合して糖化を引き起こします。糖化とは、エネルギー源として代謝されなかった余分な糖が体内のたんぱく質や脂質と結びつくことです。糖化が進むと老化を促進させる物質を作り出し、老化を促進させてしまいます。また、酸化した脂質の分解物がタンパク質と結びついて物質を作り出してしまうことをカルボニル化といいます。糖化やカルボニル化で変性した黄褐色のタンパク質が真皮に蓄積していくことで肌の黄ばみが現れます。

くすみ改善へのグラン治療院でのアプローチ

(1)身体のバランスを整え、自然治癒力を引き出し、ターンオーバーを整える

老化などの影響により衰えた肌の体力は、ターンオーバーのサイクルを低下させ、くすみ、乾燥などの肌トラブルを引き起こします。美容鍼灸によるアプローチでは、身体のバランスを整え、皮膚表面上に微細な傷をつける事で身体に本来備わっている自然治癒力を引き出し、ターンオーバーを整える事で健康的な肌質へと改善します。
鍼灸治療

(2)血液循環を促進させ、栄養に富んだ血液を循環させる

当院の美容鍼灸で行う頭部や顔面部への局所的な鍼は、血液循環を改善させて栄養に富んだ新鮮な血液を巡らす事で血色がよくなり、顔色が1トーン明るくなります。
また東洋医学では、血の流れが滞り、よどんだ状態の事を瘀血(おけつ)と呼んでいます。
瘀血の原因は、ストレスや冷え、ホルモンバランスの乱れなどで現れ、くすみや生理痛、肩こりや頭痛などを引き起こします。
瘀血を取り除き、血流を促進させる経穴(ツボ)へのアプローチも重要となりますので、身体の状況を診させて頂きながら症状の改善を促します。

(3)日常生活での食事・運動指導

その場の治療だけでなく、食事や運動指導も行い、1日も早い症状の改善を目指します。
くすみの原因も様々ありますので、何が原因となっているか見極め、アドバイスさせて頂きます。
(血行不良が原因であれば、ツボ押しのセルフケアや運動指導。糖化によるくすみが考えられた場合、食事の内容をお聞きし、食事指導等)

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

ご不安や疑問などございましたらお気軽にお問合せ下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP