知っておくべき!夏バテ対策5つのポイント


毎年夏場になると気分が乗らない、疲れが取れない、食欲がない、そのようなお悩みを抱えている方もきっと多いはずです。そう、「夏バテ」ですね。「夏バテ」とは医学的な用語ではないですが、夏の暑さによる体調不良の総称で、夏負けや暑気あたりとも呼ばれます。
今回は夏バテ対策について5つのポイントをご紹介させて頂きます。

夏バテの症状

一般的に「夏バテ」とは呼ばれる症状には、次のような症状があげられます。
めまい・だるさ・疲労感・無気力・イライラ・発熱・のぼせ・頭痛・食欲不振・下痢・便秘・むくみ・冷え・コリ etc…
症状の現れ方も様々で、特に最近では暑さの影響以外にも、室内の空調との気温差による自律神経の乱れなど症状がより複雑化している傾向にあります。

夏バテの原因


人間の身体は気温が高い中で、体温を保とうと自律神経がフル稼働することで疲弊し、自律神経の乱れにより様々な症状を引き起こします。
また、室内外の温度差・高温多湿な環境・室内の冷房の効きすぎなどは症状を悪化させることになります。

夏バテ予防と対策おすすめ5選

1.細目に水分補給


喉が渇いたと思った時には既に脱水が始まっています。少ない量でも細目に水分を摂るようにしましょう。

2.栄養価の高い食品を食べる


食欲不振の方は量より質に重点を置いて食事を摂りましょう。特に疲労回復に効果的な玄米、豚肉、鰻、ネギ、山芋などは高エネルギー、高ビタミンの食材でおススメです。またグラン治療院でも良質なサプリメントを取り揃えておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

3.鍼灸治療


鍼灸治療は免疫系や自律神経に作用することで治療効果が期待できます。自律神経を整えることで、体温調節機能や胃の消化機能の働きを手助けすることが出来ます。さらに身体の代謝をUPさせることで、熱中症の予防にもなります身体の不調を感じていると、気分も落ち込みやすくなりますよね。
グラン治療院では、専門の国家資格を取得したスタッフがお客様のお身体をみさせて頂きます。

4.漢方薬・漢方茶

グラン医薬品医療機器販売店
「夏バテ」の症状は漢方の目線から見ると全て胃腸の弱りから来る関連症状。胃腸が健康に働くと、エネルギーがしっかり製造され、体は元気に動き、やる気もみなぎります。グラン治療院東京では、漢方薬と医療機器を提供する『グラン医療機器・医薬品販売店』を併設しています。医薬品登録販売者の資格と専門の知識を持つスタッフが、お客様の体質・状態、そしてご希望に合わせた漢方薬や漢方茶、そして医療機器をご提供致します。

5.夏バテに効果があるツボへの刺激

足でグーをした時、足裏でいちばんへこんでいるところが湧泉です。

内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところが三陰交です。

ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところが足三里です。

指幅4本をそろえて人さし指をおへそにおき、小指があたっているところが関元です。

■ツボの刺激の仕方


指の腹や専用のツボ押しグッズを使って痛気持ちいいくらいの強さで押してあげましょう。お灸やゴルフボールを使ってツボを刺激する方法もおススメです。
また刺さない鍼・集毛鍼(しゅうもうしん)でのツボ刺激もセルフケアとして簡単に行えます。
詳しくはこちら

記事の監修鍼灸師 彦山 大樹(ひこやま だいき)


鍼灸・美容鍼灸のグラン治療院・鍼灸師。
鍼灸治療は身体が本来携えている自然治癒力を利用する治療法です。
外科的治療と違い、後遺症、副作用はございません。そう、ご自身が本来持っている力で美しくなれるのです。
術後のフェイスライン、眼の見開きの違いを、ぜひ体感してみて下さい。
皆様の美を保つサポートを精一杯務めさせて頂きます。

その他のコラム記事一覧はこちら