鍼灸治療は古くから伝わる伝統的な治療法です。
実は妊娠中の鍼灸施術は冷え対策やつわりの軽減、安産や逆子治療の効果が期待できることをご存知でしょうか。

鍼灸治療とは


そもそも鍼灸とは鍼(はり)や灸(きゅう)を使い、ツボ(経穴)やこりかたまった筋肉などを刺激し、人間本来の『自然治癒力』を活性化させます。
「鍼(はり)」というと一般的に注射針をイメージされる方も多いため、「痛い・怖い」と思われる方もいますが、実際に施術で使用する鍼の細さは毛髪程度のものが多く、鍼自体も瞬間的に打つため、注射針のような痛みを感じることはほとんどありません。また、一般的に治療院で使用されているディスポサーブル鍼(使い捨てタイプの鍼)は予め滅菌処理された鍼を包装しているため、菌が入ったり感染症にかかるリスクもほぼあり得ないと言えます。グラン治療院で使用している鍼は全てディスポサーブル鍼です。ただし、全ての鍼灸院が当てはまるとは限りませんので、心配な方は予め鍼灸院に確認しておいた方が良いでしょう。

鍼灸って何に良いの?

世界保健機関(WHO)では下記の疾患に対して鍼灸の有効性を認めています。

神経疾患 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系疾患 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患 気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分秘系疾患 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系疾患 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

妊娠中の不調

妊娠中は身体に様々な不調が起きます。

  • つわり(妊娠悪阻)
  • むくみ(浮腫み)、冷え
  • 足がつる
  • 貧血
  • 肩こり、腰痛
  • 情緒不安定
  • など・・・
    これらの症状は鍼灸で改善が期待できます。また鍼灸を受けることで自律神経を調整し、ホルモンバランスを整えることで心身ともにリラックスすることができます。

    逆子にはお灸が良い?

    東洋医学では、母体(特に下半身・下腹部)が冷えることで逆子の原因になると考えられています。
    鍼灸での逆子治療は古くから行われており、全日本鍼灸学会の発表によると、鍼灸による逆子の矯正率は89.9%で副作用もなく安全な治療法とされています。

    安産灸とは


    お母さんの冷えがあると、赤ちゃんの通り道となる産道が固くなり、出産に時間がかかる可能性もあります。
    安産灸は妊娠中の足のだるさやむくみを解消し、お産を軽くする効果が期待できます。

    妊娠中の鍼灸施術の注意点

    鍼灸施術の刺激の影響度合いは個人差があります。
    初回から影響度合いを予測することが難しいため、妊娠前から施術を受けられている鍼灸院で信頼できる鍼灸師の施術を受けられることがおすすめです。
    またかかりつけの産婦人科医にご相談の上、施術を受けられることをおすすめします。