知っておくと役立つ!花粉症の時期の食材選び

そもそも花粉症とは?


植物の花粉が原因となって、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を引き起こす病気です。体内に花粉(アレルゲン)が入ってきたときにそれらを排除しようとする「免疫反応」によって、鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの症状が起こります。

『食養生』で身体の中から花粉症対策

東洋医学では、『食養生(しょくようじょう)』という考え方があります。
文字通り「食で命を養う」、つまり日々の食生活の中で病気予防や体質改善、健康維持を目指すという考え方です。

花粉症の時期に「控えたい食材」

身体を冷やす食べ物 冷たいもの、生もの、甘いものなど
肝臓に負担をかける食材 アルコール類、肉の脂身、バター、クリーム、糖質の多いもの(ジュース、お菓子、アイスクリームなど)
余分な熱を溜める食材 味の濃いもの、脂っこいもの、激辛のもの、香辛料が強いもの

まったくゼロにする必要はありませんが、花粉症の時期は、上記の食材の食べすぎには要注意です。

花粉症におすすめ漢方


花粉症の時期におすすめなのが『小青竜湯(しょうせいりゅうとう)』。花粉症対策の漢方薬の代表格です。漢方薬は市販の薬のように眠くなる成分が入っていないので、車の運転をよくされる方や受験生にもおすすめです。

漢方薬店『くすり屋さん』


グラン治療院東京では、漢方薬店を併設しています。
お悩みの症状に合わせて専門のスタッフが漢方茶や漢方薬のご案内をさせて頂きます。
薬店について詳しくはこちら
※漢方薬・漢方茶の販売は登録販売者が行います。
不在の場合はお受け出来かねます。
ご購入をご希望の場合は、予め店舗にお問い合わせください。

その他のコラム記事一覧はこちら