冷えや乾燥が気になる時期ですが、乾燥からもたらされる症状の一つに風邪があります。
風邪のひき始めから辛い風邪の症状にも対応できる漢方についてご紹介したいと思います。

風邪の初期に

おなじみの「葛根湯(かっこんとう)」

普段から体力があって元気な人に向いています。
ドラッグストアなどでも手軽に手に入る葛根湯ですが、効果を発揮するには正しい使い方が必要です。
葛根湯は寒気がするが汗は出ないといった場合におススメです。最近の研究でも抗炎症作用などが確かめられています。
基本的には急性期に用いるもので、ちょっと調子が悪いな、このままでは風邪を引くな、と思ったときから1~2日が目安です。
なので、熱が出てきたときや、のどの痛みや咳がひどくなってきたときには向きません。
症状にあったものに切り替えるか、医療機関の受診をおすすめします。
また、葛根湯は風邪症状だけでなく、筋緊張性頭痛や肩こりに対しても解消が期待できます。

疲れやすく、体力がない方は「香蘇散(こうそさん)」

葛根湯では食欲不振になりやすい方は香蘇散(こうそさん)を試してみるといいかもしれません。
「少し寒気があり、ゾクゾクする」といった風邪の初期によく使われる漢方です。香蘇散は気滞タイプのストレス症状にも有効です。

辛い症状や長引く風邪に

鼻風邪に「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」

鼻炎や鼻水の出る風邪におススメです。眠気の副作用がなくアレルギー性鼻炎(花粉症)、くしゃみや鼻づまり等の症状にも用いられます。

長引く咳には「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」

乾燥による咳やのどの痛み、気管支炎や気管支喘息などに用いられます。

インフルエンザ対策に「麻黄湯(まおうとう)」

最近の研究ではインフルエンザ治療薬と比べて、投与開始から解熱までの時間に差はみられないという結果も出ています。タミフルやリレンザのようにインフルエンザウイルスに直接作用するわけではなく、気道の上皮細胞の炎症を抑え、体の防御機能を高めることでウイルスに抵抗すると考えられています。

予防と風邪の後期には「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」

ウイルスの増殖を抑える効果があることがわかっています。そのため、普段から風邪をひきやすい方や今年こそは風邪を引かずに冬を越したい方は常備薬としても期待できます。また病後の回復も助けてくれるので、病み上がりにもおススメの漢方です。

この記事の監修鍼灸師

麻生 真実子(あそう まみこ)


所属:グラン治療院東京
シニアスタッフ