原田さん:(木下さんのお顔を見て)あーははははは。
ヒデさん:いや、もう、どこかの部族の勇敢な戦士。
(皆さん、爆笑)
白石さん:お気持ちはいかがですか?
木下さん:今、100本刺さってるんですよね?
ヒデさん:刺さってますね。
白石さん:見てみます?自分で。
ヒデさん:なかなかですよ。
白石さん:こちらに、お鏡をご用意しました。

手鏡で自分の顔を見る木下さん

木下さん:(小さな声で)すっごい・・・。
白石さん:本当の“すごい”ですね、今のは。
ヒデさん:すごいですね!
木下さん:これ、100回刺したでしょ。
皆さん:はい。
木下さん:100回、痛かった。
(皆さん、爆笑)
ヒデさん:痛 x 100と、いうことで。
木下さん:「痛み無くして、美ならず」
小川:はい、「美ならず」です。
ヒデさん:そういうことですよ。
ヒデさん:これ、取るときは、ブウワァ~ってとればいいんですか?
(皆さん、爆笑)
木下さん:うそやろ~。止めてよ~。
木下さん:自分でやるわ、じゃあ。
ヒデさん:どうせなら。
木下さん:ドオゥルルルンッていうのは、一番嫌。
(爆笑が続く)
木下さん:笑ったら、ちょっと痛いから。 やめて~。

10分ほど置いてから、1本1本、丁寧に鍼を抜いていく。

すると・・・。

白石さん:あの、効果はどのぐらいまで続くのでしょうか?
小川:そうですね、だいたい、10日から2週間程度続きます。
ヒデさん:あははは。カメラさん、大笑いしてますけど、一か所、血が止まんないんですよね。
木下さん:うそやろ?
ヒデさん:いや、それはもう、鍼が刺さってましたから多少はありますけど。
小川:あの、悪い所はやはり出血するので。
ヒデさん:そうですよ~。

ヒデさん:
あの、何か所かやってて、同じところをずっと、コットンの、あの素材を感じたらそこは血が出てるという事です。と思っておいてください。
木下さん:あっはっはっはっ・・・。
ヒデさん:同じとこ、やたらコットン来るな、というのは・・・。
木下さん:コットン、来るとこあるよ、一個。
ヒデさん:ありますよね!
木下さん:そこ来たとき、衝撃的な痛さがある。
(皆さん、爆笑)
木下さん:コットンですら。
原田さん:そうですか~。
ヒデさん:コットンは時に凶器になる、というね~。

そして、施術終了。

その10【美容鍼灸の効果は】に続く